ルイ・ヴィトン【LOUIS VUITTON】 ポルトフォイユ・フロリン コレクション

 

 

ポルトフォイユ・フロリン・シリーズ

13世紀のフローレンス共和国で発行された硬貨にちなんで名づけられた、複数のカード用ポケットや窓付きポケット、小銭入れなどが付いた機能的な財布。

サイズ: 12.5cm x 10cm


 
ポルトフォイユ・フロリン 一覧

reference


 
フローレンス共和国
フィレンツェ(Firenze)

 
語源:
古代ローマ時代、花の女神フローラの町としてフロレンティア(Florentia)と名付けた事が語源とされている。周辺国では、フィレンツェのことを Florence(フローレンス、英語。フロランス、フランス語)、Florenz(フロレンツ、ドイツ語)、Florencia(フロレンシア、スペイン語)と呼ぶことにもその名残が見られる。

歴史:
フィレンツェは古代にエトルリア人によって町として建設され、ローマ殖民都市がおかれた。中世には一時神聖ローマ帝国皇帝が支配したが、次第に中小貴族や商人からなる支配体制が発展し、12世紀には自治都市となった。
(中略)
その後、遠隔地との交易にくわえて、毛織物業を中心とする製造業と金融業でフィレンツェ市民は莫大な富を蓄積し、フィレンツェはトスカーナの中心都市となり、最終的にはトスカーナの大部分を支配したフィレンツェ共和国の首都になった。そのうえ、商人と職人が強力な同業者組合を組織したことでフィレンツェは安定していた。もっとも裕福だった毛織物組合は14世紀の初めに約3万人の労働者をかかえ、200の店舗を所有していた。 メディチ家は金融業などで有力になり、商人と銀行家は市政の指導的な立場にたち、フィレンツェを美しい都市にする事業に着手した。 (Wikipedia

フローリン金貨
フローリン金貨(fiorino d'oro)とは、イタリアで1252年から1523年まで鋳造された金貨で、そのデザインや金属の標準含有量にほとんど変化がなかった。



他の財布と比較してみる?

inserted by FC2 system