ルイ・ヴィトン【LOUIS VUITTON】 ヤヨイ・クサマ (Yayoi Kusama) コレクション

ヤヨイ・クサマ コレクション


芸術家 草間彌生と、ルイ・ヴィトンのアーティスティック・ディレクター マーク・ジェイコブスのコラボレーションによるコレクション。 草間彌生の代表的なアート作品、「Infinity Net(無限の網)」と「Dots Infinity(無限の水玉)」をオマージュとしてルイ・ヴィトンが再解釈。ラグジュアリー感あふれるカラフルな水玉の世界がフェミニンなコレクション。


 

第2弾コレクション登場

「ルイ・ヴィトン ヤヨイ・クサマ コレクション」第2弾は、水玉でコーディネートされる「ウェーブ」「パンプキン ドット」「タウン」のモチーフを使用した3つのラインで登場。 モノグラム・キャンバスに描かれた水玉模様がキュートなコレクション。



ドット インフィニティ バッグ



 

ドット インフィニティ 財布・小物





reference

草間彌生
くさま やよい (1929年(昭和4年)3月22日 - )

 
日本の彫刻家、画家、小説家。女性。長野県松本市生まれ。
絵画の画面や彫刻の表面のみならず、見る者の視界を覆い尽くさんばかりの水玉のモチーフを使うことが特徴。合わせ鏡を用いて光やオブジェを無限に広がるように見せるインスタレーションや、男根状のオブジェを日用品などに張り付ける立体作品も制作している。またファッションデザインや小説執筆などの活動も行う。




「私の人生は1つの水玉:無数の粒子のうちの1つ。並んだ水玉の天文学的な数の集合体からできた「無」の白い網が、私と他者を、そして世界全体を消し去っていく」 ――草間彌生
この言葉から、水玉は草間氏の作品においてきわめて重要なシンボルであるだけではなく、物事を具現化するための限りなく広い表現方法であり、その中でこれらのモチーフが無限に広がっている、ということがわかります。このアーティストにとっての水玉の魅力は、ミニマリズムに見られる、機械的な反復というかたちで表れます。
一連の作品『Accumulations (アキュミレーション)』は、草間氏の全作品と感覚の統一性についての興味深い比較を示します。インスタレーションのシリーズである『Dots Obsession (ドッツ・オブセッション)』は、彼女のトレードマークである水玉と鏡を、空気を入れて膨らませ、特定の形を持たない、巨大なオブジェとともに新たに形成しています。そして、彼女のどのインスタレーションにおいても、水玉の海に呑み込まれる観客は欠かすことのできない重要な要素となります。観客はとりわけ、新たな水玉となり、草間氏の強迫観念の気まぐれな題材、欲望の新たな対象となるのです。


 
inserted by FC2 system