ルイ・ヴィトン【LOUIS VUITTON】 スピーディ コレクション


スピーディ・シリーズ

タウンユースから旅行まで、マルチに使える、ルイ・ヴィトン定番中の定番バッグ

1930年、キーボールより小さめの旅行用ハンドバックとして登場。  
発売当初は『Express』 という名前だったが、移動手段の近代化とスピード感が増していく時代を反映して 『Speedy』 の名に変わった。シンプルなフォルムと落ち着いた上品なルックスは多くの人々に受け入れられ、60年代前半から 旅行用のハンドバックからシティバックとして使われ始めた。  
 
1965年、オードリー・ヘップバーンがスピーディ のさらに小さいバッグを作って欲しいとスペシャルオーダーして生まれたのがスピーディ25。また1978年にはより小さなミニ・スピーディが作成された。
 



オードリー・ヘップバーンら、多くのセレブリティにも愛されたスピーディーは、ルイ・ヴィトンの伝統ある製品の中でも一番アイコン的要素が強く様々なラインからも登場している。



タウンユースから旅行まで、マルチに使える、ルイ・ヴィトン定番中の定番バッグ。旅行用バッグ「キーポル」のコンパクトバージョンとして登場して以来、数多くのラインより新柄モデルが発売されている。



スピーディの大きさ比較
サイズ: 25 W25×H19×D15 cm
30 W30×H21×D17 cm
35 W35×H23×D18 cm
40 W40×H25×D19 cm


 
スピーディのラインナップ

スピーディ・バンドリエール

 

他のハンドバックと比べてみる?


inserted by FC2 system